単身引越しなら赤帽

単身引越しなら赤帽

初めての引っ越しの際に気を付けるポイント。

単身引っ越しにおすすめの赤帽

入学や転勤、就職などを機に引っ越しをする方。
ワクワクした気持ちもあるかと思いますが悩ましいのが引越し時の費用ですよね。
いったいどれくらいかかるのか気になると思います。
いろいろと引っ越しをする際にはお金がかかるものです。

どうすれば引越し費用をできるだけ抑えることができるのかということですが
いくつか方法はあります。
例えばマンション入居時の時にかかる敷金や礼金ですが2ヶ月ずつのところもあれば敷金礼金は無料というところもあります。
入居時の費用を抑えたい場合は敷金や礼金がかからないところ、または1ヶ月ずつのところを選ぶことです。

例えば家賃が8万円だとしますと敷金礼金が2ヶ月ずつかかる場合は32万円かかりますがこの費用が浮けばかなり節約できます。
ただ人気の物件は最低でも1ヶ月ずつかかるところが多いので無料のところはなかなか見つかりづらいと思います。
また家賃の交渉をしてみるというのも有効です。「この値段であれば即決したい」と不動産屋に伝えるとたいていの場合は大家さんに電話で連絡をしてくれます。
家賃の値下げ交渉は難しいと思っている人も多いかもしれませんが数千円であれば値下げしてくれることは結構多いです。実際にわたしも2千円ですが最初の家賃よりも値下げしてくれました。特に3月4月のような繁忙期でないときは大家さんも空家の状態よりは多少値段を下げても入居して欲しいと思っていますので応じてくれる場合が多いです。

後は引越し手段も引越し費用には大きく関わってきます。
引越しの際の荷物の移動をどのようにして済ませるかということですが方法はいくつかあります。
まず一番一般的な方法は引越し業者に運搬作業を依頼するということだと思います。
引越し業者にも種類が有り有名な大手や比較的値段が安い中小、地域に密着した小規模の会社などがあります。
ネームバリューのある大手の会社なら一番安心して任せることができますしサービスも充実していますがその分料金は一番高い場合が多いです。
有名な引越し業者の場合ですと単身者の場合であっても結構値段がかかってしまう場合も多いです。荷物が割合少ないという場合には引越し業者に用意されているカーゴを利用して荷物を運ぶ単身パックプランを利用するのもいいかと思います。
いずれにしても条件が変わらなくても業者によって値段はかなり変わってくる場合が多いので複数の会社に見積もりを依頼して料金を比べてみるということは必須になってきます。

逆に一番安くすませる方法は引越し会社には頼まないで自分ですべての荷物を持って行ってしまうことです。自分の車に乗せてコツコツ引越し先まで運んでしまえばガソリン代だけで済ませることができます。
あるいはゆうぱっくや宅配便で荷物を新居まで送ってしまうという方法もいいかと思います。
送料だけで済ませることができますのでかなり安く済ませることができます。

ただしこれは荷物量が少ない場合に可能な方法で荷物がたくさんある場合や大きな家具などがある場合にはなかなか難しいですよね。
そのような方におすすめしたいのが赤帽です。
赤帽というのは軽貨物運送ですので正確には引越し業者ではありませんが引越しの作業も請け負ってくれます。
赤帽の場合ですと一般的な引越し会社に頼むのに比べればはるかに安い料金で済ませることができるはずです。
ただし普通の引越し業者とは少し勝手が違ってスタッフが1名ですので自分自身も作業を手伝わなくてはいけません。
また梱包に使うダンボールやハンガーボックスは自分で用意してくださいと言われる場合が多いです。
荷物を運んだりトラックに積めたりトラックから出したりなどをスタッフと一緒にする必要がありますが値段のほうはかなり安いです。例えばアート引越センターや引越しのサカイなどの大手引越し業者の場合ですと単身引越しの場合でも最低でも3万円以上はかかるかと思います。
それに対して赤帽なら距離にもよりますが近距離の場合であれば1万円ほどで済む場合も多いです。
約3分の1、場合によってはもっと安く済むので費用を節約するには最適の方法です。
また多くの会社で用意されている単身パックでは運べないベッドなどの大きな家具などの荷物がある場合も赤帽なら運べます。
単身者でお金をあまりかけたくない人には赤帽の引越しが安いです。ただし注意点は軽トラック1台に収まりきらない荷物量の場合には車両を2台チャーターすることになり料金のほうも約2倍になってしまいます。そうなりますと引越し業者と値段がたいして変わらないということも有り得ます。
値段が同じくらいなら赤帽よりも作業スタッフが2名から来る中小の引越し専門業者に頼むほうが楽でいいです。また大型の冷蔵庫やドラム式の洗濯機は運搬不可というところもあるみたいです。
赤帽を利用しようかどうか検討している方は自分の荷物量がトラック1台に積みきれるかどうか事前に電話して荷物の下見を頼むのがいいと思います。